子宮頸がんの治療費

子宮頸がんの治療費が心配な方へ

手術や入院となると、イヤでもお金の心配も出てきますよね。

 

また入院・手術のために仕事が出来ず、収入が途絶えてしまうとなると、

 

その後の生活の不安も出てきますよね。

 

 

まず医療費について。

 

高額な医療費が必要になった場合は、国の高額医療費制度を使うことが出来ます。

 

これは社会保険の一つで、差額ベッド代や保険外治療を除いた医療費のうち、

 

月6万3600円(収入によって額は変わる)以上は保険でまかなわれるというものです。

 

これは後から申請することも出来ますが、入院前に申請をしておけば退院時の支払いでは、

 

適用後の額で請求されるので、いきなり大金が必要になることはありません。

 

出来れば入院前に会社や保険協会に確認しておきましょう。

 

 

つぎに収入の面での不安ですよね。

 

休職中でも給料が出る場合は心配ないでしょうが、私のような派遣社員だった場合、

 

1日休めば1日分の収入がゼロになってしまいますから大打撃です!!

 

そんな場合は、雇用保険の傷病手当を活用してください。

 

雇用保険の一つである傷病手当は、病気や怪我で働けず給料が貰えない場合に利用でき、

 

1日の収入の約2/3が支払われる制度です。

 

この金額は収入に応じて計算された金額が決まっているので、確認しておくと良いでしょう。

 

 

この二つの制度を活用して、少しでもお金の不安を和らげてくださいね。

 

次のページ:子宮頸がんの検査結果が出るまでの不安



 
基礎知識 HPVウイルスとは 検査の流れ 細胞診結果の見方 治療法 子宮頸がんワクチン