子宮頸がんの治療

主治医は女性のお医者さんが良い?

これも悩むところだと思います。

 

男性医師はちょっと恥ずかしくて・・・という方は女性のお医者さんでOKだと思いますし、

 

女性同士だから話しやすいという方も女性のお医者さんを選ぶと良いでしょう。

 

 

ただ、実際に自分が診察や治療を受けてみて思ったのは、男性医師も優しい!!

 

なんだか変な言い方ですけど^^、話し方や物腰、雰囲気、穏やかな方が多いと思います。

 

言葉の選び方にもすごく気をつかっているし、細かいことにも耳を傾けてくれいます。

 

女性医師がそうしてくれないというのではなく、男性医師はすごく気を使ってるんだろうなぁと思いました。

 

 

ちなみに私の主治医も男性(推定50代半ばのオジサン^^)、

 

入院中の担当医も男性(推定30代半ば)、大学病院だったので研修医がいて男性、

 

何度か女性医師の診察も受けましたけど、やっぱり「穏やか!」と感じました。

 

 

もし、男性医師には絶対に抵抗があるというというなら、

 

やっぱりリラックスして診察・治療を受けるためにも女性の医師が良いでしょう。

 

ただ勘違いしないように注意してほしいのは、

 

「女性同士だから、言わなくても私の気持ちはわかりますよね。」と思ってしまうこと。

 

これは無謀ですよ!!

 

家族でも友達でもないんですから、言わなくてもわかるなんで難しいですよ><。

 

変に「女性同士」という言葉に流されず、話しをすることが大切だと思いますよ^^。

 

次のページ:セカンドオピニオンの一つの意味・目的



 
基礎知識 HPVウイルスとは 検査の流れ 細胞診結果の見方 治療法 子宮頸がんワクチン