男性のHPVウイルス感染

男性のHPVウイルス感染

HPVウイルスは男性にも感染します。

 

とすると、男性はHPVウイルスを原因としたがんの可能性はないのか?

 

そんな素朴な疑問がうまれますよね。

 

 

実は男性はHPVウイルスに感染しても、それががん化することは滅多にありません。

 

医療従事者ではないので、詳しくはわかりませんが、

 

子宮の入り口部分(頸部)が外部からの刺激に弱い構造を女性が持っているのに対し、

 

男性の性器はそれとは異なるからということらしいです。

 

 

平たく言うと、カラダの作りの違い・・・と言ったとこでしょうか^^;。

 

 

また子宮頸がんの初期症状にあるような不正出血やおりものの変化といった

 

いわゆる自覚症状もないため、感染していることを男性自身が認識しにくいようです。

 

そのため、自分でも感染していることを知らないうちに、女性にウイルスを感染させてしまうこともあるようです。

 

 

テレビや雑誌でHPVウイルスと子宮頸がんの関係が多く取り上げられており、

 

ついつい女性のカラダの問題と考えられがちですが、

 

男性にも正しい知識を持ってもらうことが大切ですね*^^*。

 

次のページ:子宮頸がん検査の流れ@問診を受ける



 
基礎知識 HPVウイルスとは 検査の流れ 細胞診結果の見方 治療法 子宮頸がんワクチン