細胞診結果

細胞診結果の見方

子宮頸がん検診(細胞診)の検査結果の見方を解説しています。

 

分類わけされた検査結果をワタシ流に噛み砕きました^^。

 

あくまでも一般的な内容をまとめているので、少しでも不安に思う方は、しっかりと医師に説明をしてもらってくださいね。

細胞診結果の見方記事一覧

細胞診の分類

細胞診の結果は、以下のクラスと言われる分類方法で表されます。クラスT・・・正常クラスU・・・異常細胞があるが良性クラスVa・・・軽度〜中度異形成の可能性ありクラスVb・・・高度異形成の可能性ありクラスW・・・上皮内がんの可能性ありクラスX・・・浸潤がんの可能性あり「あれ?」と思いませんか?クラスTの...

≫続きを読む

 

細胞診[クラスU・・・異常細胞があるが良性]

異常な細胞があるのに良性っていうのも変な感じがしますね^^。クラスUという表現を医師からの説明の記憶を元に、ワタシ流に噛み砕いて言うと、「何らかの原因で炎症がおきて細胞が異常に変化している状態。」という。では「『何らかの原因』って何だよ!!」って言いたくなりますよね〜。私も言いました(〃'∇'〃)ゝ...

≫続きを読む

 

細胞診[クラスVa・・・軽度〜中度異形成の可能性あり]

またまた「異形成」という言葉が登場しました。これはがんになりかけの異常細胞ということです。クラスUでも異常細胞という表現をしていますが、これはおそらくがんではない原因で炎症がおきたために異常な状態となっている細胞。しかしこちらはがんに関係した異常な細胞です。いきなり「がん」という言葉が出てきて、ブル...

≫続きを読む

 

細胞診[クラスVb・・・高度異形成の可能性あり]

状態はクラスVaと同様ですが、こちらはちょっと進んでしまったレベルです。クラスVaがクラスUに近い状態と言われるのに対し、クラスVbはクラスWに近い状態とされています。クラスVbになると、細胞診(コルポ診)を行い更に詳しく状態を見ていきます。また円錐切除手術(えんすいせつじょ)を行うこともあります。...

≫続きを読む

 

細胞診[クラスW・・・上皮内がんの可能性あり]

「がん」の可能性ありとなるクラスW。私はこの診断でした><。上皮内がんとは、子宮頸部の薄い粘膜にとどまるがんのことです。私は、恥ずかしながら自分が病気になるまで知らなかったのですが^^;、がん化してしまった細胞は細胞分裂を繰り返して増殖しても、最初のうちは深くに潜り込むことは出来ないそうです。イメー...

≫続きを読む

 

細胞診[クラスX・・・浸潤がんの可能性あり]

上皮内がんが進んでしまうと、浸潤がんと言われる状態になります。浸潤(しんじゅん)がんとは、がん細胞が潜り込んだものです。上皮内がんのイメージを、布の上で横に広がるスライムと言いましたが、浸潤がんは布の上に置いたスライムが徐々に染み出してしまったイメージでしょうか。書いている私も恐くなってきました。。...

≫続きを読む

 

 
基礎知識 HPVウイルスとは 検査の流れ 細胞診結果の見方 治療法 子宮頸がんワクチン