細胞診クラスU

クラスU・・・異常細胞があるが良性

異常な細胞があるのに良性っていうのも変な感じがしますね^^。

 

 

クラスUという表現を医師からの説明の記憶を元に、ワタシ流に噛み砕いて言うと、

 

「何らかの原因で炎症がおきて細胞が異常に変化している状態。」という。

 

 

では「『何らかの原因』って何だよ!!」って言いたくなりますよね〜。

 

私も言いました(〃'∇'〃)ゝ。

 

 

すると「体調が悪いときに検査をするとクラスUになることもあるし、

 

あとはカンジタとかヘルペスかもしれないしねぇ。」とのこと。

 

 

一般的にクラスUと診断されたら、医師の判断で半年や3ヶ月など

 

時間を置いて再検査をします。

 

もちろん、カンジタなどの病気が原因で炎症が起きている場合は、

 

そちらが完治してからの再検査。

 

 

この段階ではがんの可能性は、ほぼシロと言って良いレベルだそうです。

 

しかしクラスUと言うのは、がんになってしまう可能性のある細胞があったとしても、

 

異常細胞にまぎれて発見できなかったという可能性も残されています。

 

そのため、一定期間を置いて再検査となるそうです。

 

 

もしクラスUと診断されたら、「ほぼシロなら良いか」と思わず、

 

医師の指示に従い、再検査を受けてくださいね。

 

次のページ:細胞診[クラスVa・・・軽度〜中度異形成の可能性あり]



 
基礎知識 HPVウイルスとは 検査の流れ 細胞診結果の見方 治療法 子宮頸がんワクチン