組織診(コルポ診)

組織診(コルポ診)の分類

組織診の結果は、以下のステージと言われる分類方法で表されます。

 

0期・・・子宮頸部上皮内がん

 

Ta期・・・微小浸潤がん

 

Tb期・・・Ta期よりも浸潤が広がっているが、まだ子宮頸部に限局している状態

 

U期・・・がんが子宮頸部を超えて広がり、周囲の膣などに浸潤した状態

 

V期・・・U期よりもさらに広がり、骨盤などにも達している状態

 

W期・・・直腸や膀胱にも達している状態。

 

     さらに進行していれば、肺や骨など、離れた場所にも転移がある状態。

 

 

全部書き出してみると、私自身も、またまた恐くなってきました><。

 

ちなみに私はTb期でした。

 

うーん・・・思い出しただけでも泣けてきます><。

 

 

細胞診のクラスは、がんの可能性があるかどうかを分類しているのに対し、

 

組織診のステージは、がんの進行を分類したもになっています。

 

 

子宮頸がんの検査結果を見て

「クラスVって書いてあったから、V期で骨盤までがんが広がっているんだ!!」など

 

勘違いをしてしまう方がいらっしゃるようですが、クラスとステージは別

 

勘違いをしないようにしてくださいね^^。

 

次のページ:【円錐切除手術】早期子宮頸がんで用いられる一般的な方法



 
基礎知識 HPVウイルスとは 検査の流れ 細胞診結果の見方 治療法 子宮頸がんワクチン