円錐切除手術

【円錐切除手術】早期がんで用いられる一般的な方法

前のページでも少し書きましたが、

 

子宮頸部の悪い個所を円錐状に切除するのが円錐切除手術です。

 

開腹手術ではなく、膣側から器具を入れて手術をするのでキズも残りません。

 

 

また、出血を抑えるようにレーザーや電気メスが使わる方法が一般的に行われているので、

 

状態によって日帰り手術から一週間の入院といった程度で自宅に帰ることが出来ます。

 

 

円錐切除手術は子宮頸部のみを切除するため、子宮を残すこと(子宮温存)が出来ます。

 

一般的にステージ0期やステージTa期の早期がんでは円錐切除手術を行いますが、

 

今後出産を望まないなどの場合は、がんの再発リスクを抑えるために、

 

子宮摘出手術をすすめることもあります。

 

 

さらに細胞診クラスVで異形成の場合にも、診断目的のため円錐切除手術を行うことがあります。

 

円錐切除手術によって切除した病変組織を詳しく調べることで、

 

がんの広がりや深さなどを正確に診断することが出来るのです。

 

 

その結果、円錐切除手術だけで問題がなければ、

 

後は医師の指示に従い、数ヶ月ごとの定期検査になり、その後の妊娠・出産も可能です。

 

しかしがんが進行してるようであれば、その後に状態に応じた治療が必要となる場合もあります。

 

次のページ:【単純子宮全摘手術】ステージ0期〜1a期



 
基礎知識 HPVウイルスとは 検査の流れ 細胞診結果の見方 治療法 子宮頸がんワクチン