子宮頸がんになったら

大切な家族、パートナー、友達が子宮頸がんになったら

ワタシの体験談を含め、入院していた時の患者同士の会話や、

 

同じように子宮頸がんと闘った方のブログなどから、色々な年代、立場からの視点で気になること、嬉しかったことを書いています。

 

大切な人が子宮頸がんと言われたとき、どう接すれば良いのかの参考にしてくださいね。

大切な家族、パートナー、友達が子宮頸がんになったら記事一覧

大切なお母さんが子宮頸がんになった時

もし大切なお母さんが子宮頸がんと診断されたら、【「どうして検診を受けなかったの?すぐに病院に行かなかったの?」と言わない!】日々の家事に追われ、家族を第一に考えているお母さんは、何かと自分のことを後回しにします。少し体調が悪くても無理をしてしまったり、病院に行くことをためらったりします。また会社勤め...

≫続きを読む

 

大切な娘さんが子宮頸がんになった時

もし大切な娘さんが子宮頸がんと診断されたら、【治療について、本人と十分に話し合う】これは私の実体験から感じたことです。おそらく、ほとんどの親は何よりも娘さんの命を一番に考えるでしょう。娘さんの命が助かるのであればと考えるのは、親から子への最大の愛情です。そのため、命が助かるのであれば、今後妊娠できな...

≫続きを読む

 

大切な奥さんが子宮頸がんになった時

大切な奥さんが子宮頸がんと診断されたら、【病院に付き添うなど、一緒に治療するという気持ちを持って!】男性にとって、婦人科医院は居心地の良いものではありませんよね。当然ながら周りは女性ばかりで、どうして良いものかわからないと思います。「婦人科の病気の話なんて、説明されても男にはわからない」と考える方も...

≫続きを読む

 

大切な彼女が子宮頸がんになった時

大切な彼女が子宮頸がんと診断されたら【治療を最優先に!】大切な彼女から子宮頸がんと言われたら、何を考えますか?結婚を考えていた相手、付き合い始めたばかり、まだ将来を意識していない年代、2人の関係によって色々な距離感があり、それによっても考えることが変わりますよね。子宮の病気ですから結婚を考えていたな...

≫続きを読む

 

大切な友達が子宮頸がんになった時

もし大切な友達が子宮頸がんと診断されたら【何気ない言葉でも注意を!】友達として何が出来るだろうと悩んだとき、やはり元気付けてあげようと思いますよね。メールや電話で話したり、お見舞いに出かけたりすることもあるでしょうが、そんなとき注意して欲しいのは、「いつも以上に言葉を慎重に選んで!」ということです。...

≫続きを読む

 

 
基礎知識 HPVウイルスとは 検査の流れ 細胞診結果の見方 治療法 子宮頸がんワクチン