子宮頸がんの治療

子宮頸がんの治療

子宮頸がんの治療は、がんの進行度合、がんのある部位、合併症など

 

さまざまな視点から考え、もっとも最善の方法を選びます。

 

一般的には、手術、放射線治療、抗がん剤治療が行われます。

 

初期のがんの場合

子宮頸部のがん細胞だけを取り除く円錐切除手術が行われます。

 

これはがんの箇所だけを削るように切除するため、子宮を残すことが出来ます。

 

そのため、妊娠・出産の可能性も残されています。

 

がんが進行している場合

子宮全てや卵巣、卵管を摘出する手術が行われます。

 

がんの箇所によっては、放射線治療や抗がん剤治療などを併用して行ったり、

 

手術はせずに放射線治療や抗がん剤治療を行うこともあります。

 

 

これらの治療法が一般的に行われているものですが、何よりも医師とよく相談し、自分自身が納得して治療することが大切です。

 

例えば将来的に出産を考えているのなら、子宮を摘出しない治療を相談しましょう。

 

ただし、がんの進行度合いや、がんの範囲によっては、子宮を摘出しないと自分自身の命に関わってしまうこともあります。

 

 

自分の病状とこれからの生活、ライフプランなどを様々な視点で考えて、きちんと納得して治療を受けるようにしましょう。

 

次のページ:低年齢の子宮頸がんが増えている理由



 
基礎知識 HPVウイルスとは 検査の流れ 細胞診結果の見方 治療法 子宮頸がんワクチン